クイック・エンドロール
ロール・アップ字幕原稿作成の手順

 
         
 

●ロール・アップ字幕の原稿は
メールまたはワードなどのワープロソフトで(次の制限内で)お客様にお作りいただきます。

お名前行/コメント行/ブランク行の繰り返しで、1行20字以内、およそ120行で作ります。(ブランク行も1行と数えます。)

行数が少ないとロール・アップ速度が遅くなります。列席者の人数が少ない場合などは、ブランク行を適度に入れて、全体がおよそ120行になるよう調整して下さい。

行数が多いとロール・アップ速度が速く読みにくくなります。列席者の人数が多い場合などは、家族やグループに分けるなどしてコメント行を減らし、全体がおよそ120行になるよう調整してください。

●字幕データは、約700pxl×4300pxlで背景を透明にした”png”ファイルです。ご自分でお作りになる場合は手書き文字を入れたり、絵を描いたりも自由です。作り方についてはご相談下さい。

 

01

 
 
 

 

 
 

●お名前や一言コメントばかりである必要はありません。お二人自身の感謝の言葉や、これからの決意や抱負など、ご自由にお書きいただいて結構です。

●二次会で上映する(別字幕、または字幕なし)バージョンの作成も可能です、ご相談下さい。

  01  
 
     
 

●エンディング画面にお名前が映し出されます。表記にご希望がある場合はご指定ください。

 

※文字原稿の作り方をご覧下さい。
  01  
 
     
 

著作権フリー曲をご指定下さい。(ファイル形式の制限はありません)

適度な上映時間より短い場合は曲を切り替えてつなぎます。1曲で通す場合は3分以上の曲をお選びください。(長い曲はフェードアウトされます)

  01  
 
     
 

※文字原稿の作り方
 文字原稿はすべて、メールかワードなどのワープロソフトで作成していただきます。
次の点にご注意ください。

 書体や文字色、文字飾り指定はできません。
投影しても滲んだりつぶれたりしない、見やすい書体で読みやすい色や効果で作成します。

 句読点を使わず、区切りには半角スペースを入れると整います。半角/全角スペースなどもそのままコピーされます。ご注意ください。

 WindoesとMac間で異なる機種依存文字は文字化けの原因になりますのでご注意下さい。
●○★☆♂♀■◇『』△▼などは安全ですが、○囲み数字やローマ数字、罫線や特殊記号は危険です。

 メールかメール添付でお届けください。

 
 
back